三井ガーデンホテルプラナ東京ベイ2017年1月の宿泊記

2017年1月のディズニー旅行は、三井ガーデンホテルプラナ東京ベイに3泊しました。

お部屋、館内施設、大浴場、無料シャトルバスなどなど
3日間のステイで感じたことを書いていきます。

スポンサーリンク

三井ガーデンホテルプラナ東京ベイ

東京ディズニーリゾート・パートナーホテルです。

ホテルがある場所は、東京ディズニーリゾートからバスで15分~20分ほどの新浦安エリア。
新浦安エリアには、こちらのホテルを含めてパートナーホテルが4つあります。

かつてのパートナーホテルがリニューアルされ、2016年にバリュータイプのディズニーホテルとしてオープンしたのも、ここ新浦安エリアです。

011723

白を基調とした外観。

7階建、東棟と西棟からなる大きなホテルです。

泊まったお部屋はモデレートツイン。

10221

近畿日本ツーリストで見つけたプラン。

お値段は

1泊 6,300円/1名

母と娘2人で3泊して、37,800円でした。安いです。

お部屋を紹介

011724

とってもキュートな印象を受けるお部屋です。

公式サイトによると『トロピカル・フルーツをモチーフとした鮮やかなアクセントカラー』とのこと。

ホテルのこだわりは

  • ロフテーと共同開発した、三井ガーデンホテルズ オリジナル快眠枕
  • 全米ホテルベッドシェアNo.1の「サーター」を導入したマットレス

確かにものすごく、寝心地のいい枕とマットレスでした!

寝坊するほどぐっすり眠りました。

011735

枕元にコンセント。

個人的にこれがあると嬉しいです。

011725

かわいらしいソファとテーブル

011726

ハンガーは6本でした。

011728

こちらは靴乾燥機。これは便利です。

011727

空気清浄器もありました。

011729

こちらは洗面スペース

011731

011734

どこのホテルにもありそうで、意外となかったりする消臭スプレー。

あると嬉しいですね。

011730

アメニティです。

入浴剤は入っていませんでした。

011732

足を伸ばせるほど広くはないですが、1人なら十分です。

ユニットバスより何倍もくつろげるお風呂。

011733

シャンプーとコンディショナー、それにボディーソープ。

館内施設・設備を利用した感想

1.コインランドリー

2階~7階の各階に1台ずつ設置されています。

  • 洗濯機 1回200円
  • 乾燥機 30分100円
  • 粉末洗剤 100円

今回は連泊だったので、コインランドリーがあるホテルをあえて選びました。

全ての階のコインランドリーが、西棟の中央あたりに設置されています。

↓館内案内PDF

011740

私が宿泊したお部屋は東棟の奥のほうだったので、コインランドリーまで結構、歩きました。
2~3分かかる距離です。

その距離を歩いて行って、使用中だった時はかなりガッカリ。洗濯、乾燥、取り出しに何往復もするので、この距離はきつかったですね。

パークの閉園時間が早く、ホテルで過ごす時間が長かったのがまだ救いでした。

各階に1台なので時期によってはかなり混雑しそう。
特に夏場はコインランドリーを利用するために何時間も待つ、なんてことも考えられそうなので、混雑時期は使えない場合を想定して荷物を準備したほうが良さそうです。

2.ホテル内コンビニ

24時間営業のナチュラルローソンがあります。品揃えは一般的なコンビニと同じように、食品や日用品など何でもあり便利。

ローソンなので、マチカフェのコーヒーが飲めるのも嬉しいです。
レジ横には種類豊富な焼き立てパンが並び、軽食や朝食にもぴったり。

ただしパーク閉園後はとにかく混みまくりです。

店内はあまり広くないためレジ待ちの列が店内を一周、店の外まで伸びることも。

商品を取りに行くことも困難なほど混雑します。

ホテルへ戻ったらコンビニで何か買って食べようと考えるなら、パーク閉園後などの多くの人が利用する時間帯は避けたほうが無難です。

3.展望大浴場

011739

ホテル最上階にある展望大浴場。宿泊者は無料で利用できます。

011736

深夜1時まで営業。
女性用大浴場の入り口は、専用カードキー式になっているので深夜でも安心。

大浴場もパーク閉園後は大変混雑します。

大浴場は大きな浴槽が3つあり、洗い場も十分な数があるため混雑はそれほど気になりませんが、とにかく脱衣場が混みます。

011737

脱衣スペースは2箇所、ひとつはこちら。

011738

もうひとつはこちら。

数はたくさんありますが間隔が狭いです。
近い場所のロッカーを数名が同時に利用するとすごく窮屈そう。

◎1回目の利用 : ディズニーランドのほうが閉園時間が早い日。

ランド閉園後ホテルへ戻りすぐに大浴場へ ⇒ 空いてた

◎2回目の利用 : 両パーク閉園時間同じ日。

ホテルへ戻りしばらくたってから大浴場へ ⇒ 激混み

◎3回目の利用 : チェックアウト日の朝。

ほとんど人のいないオーシャンビューの大浴場を満喫。

混雑を避けるなら早めの時間帯や朝がおすすめ。

パークへの移動

無料シャトルバスを利用できます。乗車時間は15分~20分程度。

朝の時間帯やパークの閉園前後は、10分間隔で運行しています。

とにかく混みまくりのバス

今回は1月の平日ど真ん中の日程でしたが、パーク閉園前後の時間帯はかなり混んで、バス乗り場で2本のバスを見送って3本目でやっと乗れるような状態。

増便もなく、1本見送ったら次のバスがくるのは10分~20分後です。

毎回バス乗り場で30分は待ちました。

座ることができればラッキーですが、満員状態のバスに立って約20分は結構キツイ。
宿泊費を安く抑えられる分、こういう部分で我慢が必要なんだなと実感。

011742

朝のホテル ⇒ パーク は特に注意が必要です。

例えば『開園1時間前に着きたいから、この時間のバスでいいかな』と予定していても、いざ乗り場へ行ったら混んでいて乗れない可能性もあります。

バス乗り場で30分待ってようやく乗れても、着く頃には開園直前。

予定のバスに確実に乗るなら、かなり早くからバス乗り場に並んだ方がよさそうです。

チェックインも混む

パーク閉園後にホテルへ向かい、そのときにチェックインする人も多いようです。

バスがあの混みようなので、当然フロントも大混雑。

私は混雑を避けるために、チェックイン日の朝に一度ホテルへ行き仮チェックインしました。(そのあとホテルからパークへ向かうバスで混雑に巻き込まれました)

パークからホテルへ戻ると、毎回フロントに長蛇の列ができていたので、仮チェックイン大事だなと思いました。

可能であれば事前にチェックインされることをおすすめします。

おわりに

長々と色んなことを書きましたが、3泊した感想は満足です。

リーズナブルな価格で泊まれて、コンビニ、大浴場、無料シャトルバスあり。

時間帯によってはかなり混雑するので『快適に利用』はできないかもしれませんが、そこはそういうもんだと受け入れて利用するか、うまく工夫して混雑を避けるか。

そもそも利用しないというのもまた快適なポイントかもしれません。

私にとっては混んでいる大浴場よりも、洗い場付きの部屋のお風呂のほうがよっぽど快適だったし、朝のバスは混雑するのでタクシーを利用するのもあり(3,000円前後)だと思います。

あと、レストランの夜食ビュッフェ、モーニングビュッフェが美味しかったので、ぜひ食べてみてほしいです。

スポンサーリンク