【変なホテル】が気になる!舞浜にオープンするのはどんなホテル?価格は?

画像引用:変なホテル舞浜東京ベイ

『変なホテル』って知っていますか?

テレビや雑誌などで、一度は見たことがある方というは多いとかと思います。

2015年にハウステンボスに登場した、世界初のロボットホテル。この『変なホテル』の2号棟『変なホテル舞浜 東京ベイ』が2017年3月15日にいよいよオープンします。

舞浜に変なホテル!

気になる価格など調べてみました。

なお、下記に使用する画像は、変なホテル 舞浜東京ベイの公式サイトよりお借りします。

スポンサーリンク

変なホテルってどんなホテル?

最新技術を導入したロボットホテル。一般的なホテルで人間が行う業務を、ロボットに任せることで業務を効率化。

それによりリーズナブルな価格で提供可能、ということみたいですね。『変』には変化し続けるという意思が込められているそうです。

館内で活躍するロボットたちとの交流も、大きな楽しみのひとつ。

世界初のロボットホテルとして、ギネスにも登録され話題性も抜群です。

ロボットが行う具体的な業務

1. 多言語対応のロボットたちがチェックイン・チェックアウトの手続き

2. 荷物預けはクロークのロボットアーム

3. ポーターロボットがお部屋への荷物移動をお手伝い

4. 掃除や窓拭きもロボットたちが活躍

5. ルームキーの代わりの『顔認証』で客室の開閉

お掃除もロボットというのはちょっと不安に感じてしまいますが、ベットメイキングやお風呂掃除は人が行うようです。

変なホテル2号棟の概要

ハウステンボス株式会社より

2016年8月に発表されたプレスリリースの内容

―ホテル概要―

所在地:千葉県浦安市富士見 5-3 以下未定

敷地面積:約 2,000.72 ㎡ 延床面積:約 3,249.52 ㎡(併設レストラン含む)

構造・規模:鉄筋コンクリート造 地上 6 階建て(うち客室部分 2~6 階)

客室数:全 100 室

構成/ツイン 50 室(約 18 ㎡)

トリプル 40 室(約 23・24 ㎡)

デラックストリプル 8 室 (約 26 ㎡)

コンフォートツイン 2 室(約 26 ㎡)

施 設:レストラン(併設)、カフェコーナー、WiFi カウンター(予定)

アクセス:人気テーマパークの最寄り駅である JR 舞浜駅北口より徒歩圏内

開業予定:2017 年 3 月末

ハウステンボス株式会社 プレスリリース
世界最高水準の生産性を目指す「変なホテル」2号棟が舞浜に開業します

ホテル外観はこのような感じになるようです。

ロボットがチェックイン手続きを行ってくれます。

気になるお部屋

スタンダードツインルーム

中央のソファをベッドにすることで、ファミリーでの利用も可能。

スタンダードトリプルルーム

最大4名まで利用可能。

コーナーツインルーム

ゆったり過ごせる広いお部屋

気になる価格は?

現在、先行予約受付中ということで、気になる価格を調べてみました(現時点の価格)

ホテルの客室料金は変動しますので参考までにご覧ください。

オープンからちょうど1ヶ月たった時期の料金。

スタンダードツインが平日でひとり 8,500円~11,000円

土曜日だとひとり 14,000円

ゴールデンウィーク中の価格

どこも高い時期ですが、こちらも例外なく

6月に入るとこの価格。

平日でひとり 8,000円~10,000円、土曜でひとり 15,000円~

という料金設定でした。

パークへの移動

公式サイトによると、

東京ディズニーランドから徒歩18分とありました。

Googleだと舞浜駅まで21分になりました。ホテルから徒歩だと結構な距離があります。

今のところ公式サイトでは、無料シャトルバスなどの情報は確認できませんので、路線バスを利用する必要がありそうです。

おわりに

いろいろ調べてみましたがとっても興味深いホテルです。話のネタに泊まってみようと思う方は多いかも。

チェックイン自体は誰にでもできる簡単なものだと思いますが、パーク閉園後のチェックイン行列が少し気になります。

どの年代、どの国の方でもサクサクいける感じなのでしょうか。

そこらへんも含めて興味深い『変なホテル』いつか泊まってみたいです!

【公式】変なホテル舞浜 東京ベイ