泊まりの遠方組こそ荷物は少ないほうがいい軽量ディズニーな私の持ち物

観光地をめぐる旅行と少し違って、ディズニーって準備する物がたくさんありそう…。

遠方からなら宿泊も伴いますし、連泊ならなおさらしっかりと持ち物の準備をする必要があるように感じます。

しかし、移動手段が飛行機や電車、バスなので荷物が多ければその分 負担は大きくなりがち。

帰りはお土産が加わって、さらに荷物が増えてしまう可能性があるため、荷物は小さくコンパクトにまとめたほうがいいのです。

『荷物は最低限の必要なものだけ』が鉄則。

持ち物を減らすコツをいくつか書いていきます。

スポンサーリンク

アレもコレもはいらない、荷物は少なく軽く

自宅 ⇔ ホテルへ荷物を送ってしまうなら別ですが、大きな荷物を持ちながらの移動は大変なものです。

到着日に直接パークへ入園なら、ロッカーを探すという手間もかかります。

・ひとつのロッカーに入りきらない
・大型ロッカーの空きがない

荷物が多いとこんなことも考えられ、地味に痛い出費に。

準備する段階で大事なポイントは下記の3つです。

最初から『宿泊用』と『パーク用』で分けて準備

これ大切です。

いざロッカーに預けようという時に『あ!あの荷物キャリーケースの中』なんて、ベンチや地面で荷物を広げるのはちょっと格好悪いです。

預けた後に気がついても、ロッカーは出し入れのたびにお金がかかってしまうので、それこそ痛い出費。

・準備の段階で『宿泊用の荷物』『パークで持ち歩く持ち物』に分ける
・バッグが重い ⇒ 持ちすぎ防止、忘れもの防止にも役立つ

キャリーバッグの半分を目安に

1~2泊なら、手持ちの旅行かばんやキャリーバッグの半分の量に収まるよう心がけてみます。

家族やカップルなら、2人分の荷物を1つにまとめられるので、手が空いている1人が帰りのお土産を持つことができます。

1人1つずつの荷物なら、空いているスペースにお土産を入れられるので、手荷物の数が増えません。

≪手荷物を増やさないコツ≫
・2人で1つの荷物 → 手が空いてるほうがお土産を
・荷物を半量に → 空いてるスペースにお土産を

バニラエアや、ジェットスターなどのLCCを利用の場合、エアラインごとに機内持ち込み手荷物の個数、荷物の合計の重さに規定があります。

もちろん帰りのお土産だって手荷物としてカウントされ、空港で超過が発見された場合は、追加料金のほかに手数料も上乗せで徴収されます。

事前に申し込んでおくか、手荷物を増やさないよう注意が必要。

せっかくセール価格の安いチケットを買っても、追加料金がかかってしまっては本末転倒です。

『一応持っていく』はいらないもの

持っていこうか迷って『一応…』と思うならば、なくてもきっと困らないと思います。

パークでの行動を事前に考えていけば、必要ないものを持っていかずにすみます。

  • 開園待ち
  • ショー、パレード待ち

レジャーシートやポータブルクッション、夏場なら日傘、冬場ならブランケットが必要

ショー待ちの時間に備え、暇つぶしの本やゲームを持っていくのもいいですが、遠くからせっかく行っているのに4時間も5時間も待ち時間に費やさないと思います。

1~2時間程度なら、なくても困らないのでは。

荷物少な!といわれる私の持ち物

普段からバッグの中身は少ないほうですが、旅行もとことん少ない持ち物で行きます。

持ち物を減らすコツと、準備の仕方をまとめます。

①基礎化粧品

私が持っていく基礎化粧品はこれだけ。

クレンジング+マッサージクリームのみ、洗顔料は使いません。

面倒くさがりな私にピッタリのオールインワンゲルを愛用しておりますので、ぴゃっと塗るだけでスキンケアはおわり。

化粧水、乳液、美容液をミニボトルに入れ替えて、という手間もなし。

容器はコンタクトの洗浄ケースを、パーツを外して再利用しています。しっかり閉められるので漏れる心配もなし。

化粧水、乳液などを、ミニサイズのボトルに詰め替えて持っていく場合は、100円ショップのものはキャップが緩みやすく漏れる心配があるため、あまりおすすめしません。

ちゃんとしたものを買うか、もともと液体が入っていたボトルを再利用、または日数分の試供品を持っていければかなり荷物を減らせます。

②ホテルのアメニティ用品を利用

よっぽど格安のホテル以外は、普通にあるので『一応持っていく』必要もないと思います。

ションプー、リンス、ボディソープ、歯ブラシ、くし、タオルなどはわざわざ持っていかず積極的にホテルのものを使います。

③ルームウェアはパジャマ兼用

ホテルのナイトウェアは便利ですが、レストランやショップには着ていけないことが多いものです。

また、家から『いかにもパジャマ』を持参しても、その恰好では部屋の外へは出られません。

ラク、かつホテル内も歩ける程度の部屋着を持っていきます。

スウェット素材はかさばるのでNG。ポリエステル、ポリウレタンが多く使われた衣類なら、軽くてストレッチも効いているのでラク。

お風呂上りはもちろん、ショップへ行く時も寝る時も毎日それを着ます。

④パンツは替えない

下着のパンツじゃないですよ。

ズボンです。

2泊や3泊、いや1週間程度なら、毎日同じものを履きます!

真夏以外なら汗もかかないし、汚れません。

消臭スプレーをシュッシュするだけ。デザインのシンプルなものなら、印象に残らないので毎日同じでも大丈夫。

真夏で汗をかく時期は、軽くて小さくたためてシワにならず、すぐ乾くような上記に書いた素材のパンツを2枚。

ゴルフウェアショップなどで探すと、デザインも豊富で楽しめます。

ジーンズや綿100%のパンツは、乾きにくいので避けたほうが無難かも。

⑤冬の着替えはインナーのみ

冬のトップスの着替えは、着ていくもの+1着が基本。

3泊でも4泊でも2着を交互に着ます。

毎日替えるのはインナーと下着だけ。

3泊以上の場合、機能性インナーは『キャミソール+長袖』を1セットとして、コインランドリーか手洗いで、滞在中に1度洗濯すれば間に合う枚数だけ持っていきます。

早めにお風呂に入ってしまって、持参したルームウェアに着替えれば、その日着ていたインナーも下着も全部洗えます。

コインランドリーが空いていない場合は、手洗いして軽く絞った衣類を、自分が使用したあとのバスタオルで巻き、足で踏み踏みすればかなり水がきれます。

お風呂場のロープにハンガーでかけておけば、一晩で乾きますよ。

洗濯洗剤を使わなくても、お湯で洗い流すだけでサッパリしますし、気になる部分は少量のボディソープで洗えば十分。

パークに持っていく最低限の持ち物

財布や携帯電話など当たり前に持っていくもの、身につけるディズニーグッズ、チケット、パスケース以外で、最低限持っていく便利グッズとその理由を書いていきます。

①ポータブルクッション

レジャーシートは、1時間前まで広げられない、移動が大変、広げる畳む手間、など面倒だと感じる要素が多いので私はポータブルクッション派です。

サっと出しておしりに敷くだけで身軽だし、ショー終了後の移動もラク。

冬場はベンチも冷たいので、おしりからの冷えも防げます。

②晴雨兼用折りたたみ傘と吸水カバー

私は天気予報に関係なく持っていきます。

急な雨でも、パーク内ではレインポンチョなどがたくさん売られていますので、買えばいいんですけどね。

ポンチョは以前買ったものが家にあるので、同じものが増えるのが嫌で。

それと、傘派の理由はもうひとつ。

雨の場合は、ショーなどは中止になることも。
そうなると、アトラクションかレストランか買い物になりますね。

ショップやアトラクション入口では、レインポンチョなどは必ず脱ぐよう求められます。
何度も脱ぎ着するのが本当に面倒だし、びしょ濡れのレインポンチョを入れる袋も必要。

その点、折りたたみ傘ならラクです。

ただし吸水ケースは必須。

濡れたままの傘を吸水ケースに入れてしまえば、ケースごとバッグに入れられ、手荷物も増えません。もちろんバッグの中身も大丈夫。

また、夏場のショー待ちは、日差しが強烈なので日傘は必須です。

どちらも、混雑しているパーク内では、まわりの方の迷惑にならないよう注意が必要です。

③ブランケット(冬場)

開園待ち、ショー待ちの必須アイテム。

④カメラはセミハードケースに

標準レンズをつけたまま入れられ、クッション性があるので、首から下げて歩く時も安心。

そのままバッグに入れても心配ありません。

カメラバッグだと、どうしても持ち物が増えてしまうので、少ない持ち物でカメラを保護するには十分な役割を果たしてくれるケースです。

おわりに

長くなってしまいましたが、持ち物を減らすコツと、私の荷造り術でした。

荷物が少ないと、家に帰ってからの片付けもラクだし、大量の洗濯物に囲まれて一気に現実を感じるのもなかなか切ないものです。

それと、個人的に邪魔になる持ち物ナンバー1はポップコーンバケットですね。

家から持っていくのも、持ち歩くのも、パークで買って持ち帰るのも、かさばるので持ち物としてはかなり場所を取ってしまいます。

ポップコーンは食べたくなるし、バケットも欲しくなるんです。でも荷物の多い遠方組にとっては悩ましいところ。

バケットの種類によっては、量が少なくなると食べにくいし洗いにくいので、食べるならスーベニアポップコーンケース付きなんかがいいかもしれないです。

スポンサーリンク

コメント

  1. 名前は秘密です より:

    こんにちは。✨❗いつも楽しく読まさせて頂いています。なるほどなぁっ、と思いました。私も遠方なので、次回TDRにインパをするときの参考にしたいと思います。いつも有難うございます。❤

    • ナツ子 より:

      読んでくださってありがとうございます。
      コメントを頂き、とても嬉しく、そして励みになります。