異次元スープが魅力『スープカリーイエロー』で札幌ソウルフードを食べる

北海道、特に札幌のグルメといえばスープカレーが有名。

ここ数年は札幌以外にもお店が増えてきました。

スープカレー本当に大好きです。

好きすぎて、連続5日間ランチにスープカレーを食べたことも。

お店によって味がかなり違うので、全く飽きないんですよね。

今回は、数あるスープカレー店の中でも、かなり人気のお店

『スープカリーyellow』へ行ってきました。

スポンサーリンク

スープカリーyellow

南北線すすきの駅から徒歩5分、豊水すすきの駅1番出口から徒歩1分。

エルムビルというビルの1階にあるお店。

お店の向かいには機械式の立体駐車場があり、2,500円以上のお会計で1時間無料になります。

お店の入り口。

店内は縦に長く奥行きがあり、ガラスの仕切りで喫煙席と禁煙席に分けられています。

ただ、その仕切りが天井まで届く高さのものでないため、たまたまだったのかもしれませんが、煙が流れてきてちょっと残念でした。

種類豊富なメニューとトッピング

スープカレーのメニュー。

色々あって迷ってしまいます。

フィッシュフライカリー

じっくり煮込んだラム肉とブルーハーブのカリー

海老カリー

どれも気になる。

トッピングも楽しめます。

ライスにもトッピング。

人気NO.1 チキン野菜カレー

やっぱりこれです。

チキン野菜カリー 1,100円

(鶏もも肉、かぼちゃ、オクラ、ブロッコリー+基本野菜)

店内のライトの色や暗さもあって、写真では分かりにくいのですが

黄色いスープです。

こんなスープカレーのスープは初めて。

ココナッツミルクや乳製品が入っているのかな?と思いきや、スープに使われる材料や製法が、メニューの表紙に丁寧に書いてありました。

豚骨、鶏ガラ、香味野菜を高圧で抽出、更に魚のダシがブレンドされているそうな。

なるほどそれで『異次元スープ』なのですね。

これは、美味しすぎる!

ホットペッパーのクーポンで

メニューには載っていない『いももち』をトッピングしました。

基本野菜はれんこん、じゃがいも、なす、ピーマン、

下にはゴロっとしたニンジンと、うずらの玉子も隠れています。

程よい歯ごたえが残っている、オクラやブロッコリー。

ほくほくで甘みのあるかぼちゃ。

とにかく野菜がめちゃくちゃ美味しい。

ホロホロの鶏もも肉。

フォークで簡単に身をはがせます。

臭みがなくて、とっても食べやすかったです。

北海道米に、黒大豆、きび、粟、玄米、もち米など15種類をブレンドした雑穀米。

アルカリ水で炊き上げているそう。

途中から、レモンを絞って食べてみたのですが

サッパリとしたまた違った味わいになり、楽しめました。

ごはんをスープに浸して食べます。

このいももちがまたスープによく合って、モチモチして美味しかったです。

十分具だくさんですが、もしトッピングを増やすとしたら、

カマンベールフライとかかなり美味しそう。

あと舞茸もいいな~。

 

おわりに

異次元スープが美味しすぎて、食べている間ずっと幸せでした。

美味しすぎるよ!スープカレー。

ちなみに5日間、毎日スープカレーを食べた時は

自分の身体からスパイシーなにおいがしていました。

たまに外国人の店員さんがいるカレー店に行くと、店内がスパイシーなのか、店員さんのにおいがスパイシーなのか分からない時がありますが

毎日食べていると、やっぱり身体もスパイシーな香りになるのかもしれないです。

それもまた良しですね。

スポンサーリンク