北海道からディズニーランドへ行きたい!費用はいくらかかる?

一度は行ってみたいテーマパーク『東京ディズニーランド』

北海道からだと飛行機代やホテル代がかかるため、それなりにお金のかかる旅行になります。

1回の旅費をなるべく安くして年に数回行く、というのが我が家のスタイルなのですが、よくこう聞かれます。

『ディズニーっていくらかかるの?』

『旅行会社のツアーと個人手配、どっちが安いの?』

飛行機や宿泊施設は、季節や曜日によって料金が大きく変わりますし、予約方法によっても差が出るところ。

このことも含めて『実際いくらかかるのさ?』という疑問について書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

個人手配よりツアーが安いパターン

主観ですが、個人よりもツアーにしたほうが安くなりそうなパターンとして、当てはまるのがこの3つ。

1. 利用する空港の規模が小さく、比較条件が少ない

2. 出発したい日が1ヶ月以内

3. 調べる時間がない、ネット予約やクレジット決済などが苦手

① 選択肢が少ない

道央、道南、道北、道東と住んでいる地域によって条件はかなり変わってきます。

札幌近郊に住んでいれば新千歳空港を利用できますから、複数の航空会社、便数の多さなど、比較できる条件がたくさんあるので、より安いエアラインを選んで利用することができます。

一方で規模の小さな空港を利用する場合なら、航空会社も便数も少なく、選択肢がないので、ツアーを利用したほうが無難な場合も多いと思います。

② 直前の予約

飛行機は早ければ早いほど、お得な価格でチケットをとれますが、直前なら高額な場合がほとんど。急な休みなどで出発日が1ヶ月以内なら、個人手配よりもツアーのほうが合計金額は安くなる場合が多いと思います。

③ 調べる時間がない


個人手配の最大のメリットは、かなり早い時期から予約したり、比較したりしてより安いほうを選べる事。

それなりに時間のかかる作業になるので、忙しくて時間の取れない方には不向きかも。

また、普段からネット予約やクレジット決済に慣れていないと、ややハードルが高いかもしれません。

『キャンセル不可のオンライン決済』
ホテル予約時にクレジット決済され、キャンセルした場合でも返金されないことを条件に値下げしている部屋
『セール価格の航空券』
変更不可、キャンセル時は手数料がかかり戻ってくるお金は半額程度

ネットで安く取るためには、このような条件がつくことも多く、把握せずに『価格の安さ』だけで選んで、あとになって変更が必要になっても対応してもらえません。

一方、旅行会社のツアーのメリットはこんなにあります。

1. 旅行自体をキャンセル(期日前)すれば全額返金になる
2. わからないことは旅行会社に問い合わせできる
3. ホテルが色々ありすぎて、どこにしたらいいかわからなければ『おすすめ商品』などを選んで迷うことなくスッキリ

空港からの移動や荷物の手配など、全てがセットになったツアーなら、初めてのディズニー旅行でも不安なく楽しめます。

個人手配で安くする方法

個人手配で安く行くために必要なことは2つ。

1. とにかく早く計画する
2. とにかく比較しまくって最安値を見つける

飛行機もホテルも「早割」がとにかくお得です。

・早いほど空きがあるので選択肢も広がる
・ホテルは30日前~90日前までの予約で割引になる

飛行機の比較

札幌(新千歳)ー東京(羽田)なら4社で比較

  • JAL
  • ANA
  • エアドゥ
  • スカイマーク

どのエアラインも、予約時期が早ければセール価格でゲットできるので、ツアーとの金額差は
かなりのもの。

札幌(新千歳)ー東京(成田)なら3社のLCCで比較

  • バニラエア
  • ジェットスター
  • ピーチアビエーション

LCCは成田からの移動や機内持ち込み手荷物、便数の少なさなど不便な面も多く
『安さ』だけで選ぶのは注意が必要。

また、LCCだからといっていつでも安いわけではないので、羽田便の価格としっかり比較してみることも大切。

※ 飛行機は、悪天候による欠航や遅延が生じた場合でもスムーズに手続きできるよう、
往復便を一括で予約することをおすすめします。

ホテルの比較

① まずはホテル料金比較サイトで条件が合うホテルを4~5つに絞る
② じゃらんや楽天などの旅行サイトで値段を比較
③ 最後は公式サイトをチェック

ホテルによっては、公式サイトからの予約が一番お得な場合もあります。

≪ホテル選びで大切なポイント≫

旅行先での移動は、慣れない場所なので意外と疲れるもの。

ただ安いだけでホテルを選んだ結果、最寄駅まで遠い、乗り換えが複雑など不便な状況になってしまっては旅行を楽しめません。

パークまでの移動手段や、館内施設などは口コミも参考にして、快適に過ごせるようなホテルを選ぶのがおすすめ。

・無料シャトルバスのあるホテルを選ぶととても便利
・JR舞浜駅まで乗り換えなしで行けると移動がラク
・ホテル内にコンビニがあると嬉しい

可能な限り時期や曜日をずらす

会社や学校がお休みになる週末や連休時期はやっぱり高いので、できる範囲で曜日や時期をずらせると、飛行機もホテルも金額はかなり違ってきます。

・ 大型連休に行くなら連休後半にしてみる
・ なんとか平日に休みを取る
・ オフシーズンに行く

実際いくらで行けるか

飛行機は往復2万円以内

・バーゲン情報をこまめにチェックする
・曜日によって運賃が変動するので、自分たちの予定をそれに合わせる

我が家の場合は、一人あたりの飛行機代を往復2万円以内にするために、週末を避けて日程を組んだり、あえて真冬のオフシーズンに行きます。

片道が14,000円を超えるようなら、ツアーを利用した方が合計金額が安くなる場合も。

ホテル代はひとり1泊1万円以内

こちらも飛行機同様、1泊1万円以内で泊まれるホテルを探します。

時期によってオフィシャルホテルが利用できたり、パートナーホテルになったりします。
日々の生活でポイントを上手く貯めて、それを宿泊代に充てるのも得意。

1泊2日で一人あたりかかる旅費

飛行機代(往復) 20,000
ホテル代 10,000
合  計 30,000

家族が多ければ一人あたりの料金ではなく、1部屋売りのホテルを利用すれば宿泊代は断然安くなります。

チケット代

2016年4月1日よりチケットが値上がりしました。10081

食事代

パーク内での食事は、リーズナブルなお店で1,000円~2,000円。

ブッフェやコース料理だと一人3,000円~5,000円するので、選ぶお店によって食事代はかなり変わります。

ハングリーベア・レストランのチキン&ローストオニオンカレー 720円

プラザパビリオン・レストランのセット 1,830円

スモークターキーレッグ 1個 700円。

1食2,000円として昼と夜、それに飲み物やちょっとした食べ歩きメニューも買うとして、
1日一人5,000円くらいはかかります。

①+②の合計金額(目安)

  • 札幌(新千歳)ー羽田利用の1泊2日
  • 2デーパスポート購入
  • パークまで無料シャトルバスのあるホテルに宿泊
  • 空港からの移動はリムジンバス(片道830円)

大人一人あたり

飛行機代(往復) 20,000
ホテル代 10,000
移動費(往復) 1,660
チケット代 13,200
食事代 10,000
買い物・お土産 10,000
合  計 64,860

北海道(札幌近郊)からディズニーへ行く場合の予算は、一人65,000円くらいという計算になりました。

1日目は始発便に搭乗し11時前にパークに到着、閉園まで滞在。2日目は朝から18時~19時までパークで過ごし、最終便に搭乗。1泊2日でも十分満喫できる日程です。

おわりに

長くなってしまいましたが、まとめると

  • 自分で色々調べたり、比較したりできる
  • クレジット決済などに抵抗がない
  • 半年先の予定を立てられる

以上の条件が揃えば、個人手配で安く行けるかもしれません。

大型連休や、7月~10月のハイシーズンを避けて日程を組めば、かなり低予算のディズニー旅行も可能なのでおすすめです。

スポンサーリンク