LCCでのディズニー旅行は気をつけてバニラエアの手荷物規定が変更

旅費を抑える手段として利用できるLCC。急な用事で飛行機での移動が必要な時などは、レガシーキャリアの直前予約は高額なので助かります。

定期的にセール価格で売り出しもしているので、新千歳空港からLCCを利用して東京ディズニーリゾートへ遊びに行くという方も多いのではと思います。

さて今回バニラエアでは、機内持ち込み手荷物の規定が変更になるようです。

今までに比べて厳しくなりそうなので、利用する予定のある方は要チェックです。

スポンサーリンク

バニラエアの機内持ち込み手荷物

これまでは、持込み可能サイズの手荷物1個 + 身の回り品(ハンドバッグなど)の合計2個で10㎏まででした。

合計の重さと大きさが変更になるようです。

2017年10月29日(日)より、手荷物1個 + 身の回り品の合計の重さが10㎏ →7㎏に変更。
これまでより3㎏も減ってしまうようです。

サイズは高さ55×幅40×奥行25cm以内、3辺の合計115cm以内です。

バニラエアは何度か利用したことがありますが、手荷物の重さや大きさを測られたことはなかったし、2個の手荷物以外にお土産の袋を1~2個下げて搭乗している人なんかも普通にいました。

重さと大きさを測る箱のようなものがあったんですが、スルー状態。

しかし、公式サイトで「係員による機内持ち込み手荷物の確認を強化いたします」と発表されてからは厳しくなったようで、友人が今年の夏に利用した際はキッチリ確認されたそう。

チェックイン機のそばで係りの人が声をかけ、その箱に荷物を入れるという流れ。
超過を発見されている人も数人いたみたいです。

さらに強化される手荷物確認

10月29日以降、機内にお持ち込みになる全てのお手荷物には、サイズと重量が確認済みであることを示すタグを添付いたします。タグの添付が無いお手荷物は、機内へのお持ち込みが出来ませんので、ご搭乗前に必ず空港カウンターへお立ち寄りください。

なんと、確認後の荷物にはタグをつけられるみたいです。

搭乗までの流れもこれまでとは変わりそう。

帰りにお土産の袋なんか下げてたら一発アウトですね。なんとか詰め込んで2個に収めても重さが超過したらアウトなのでドキドキもの。

超過した場合は?

バニラエアの運賃タイプは3つ

・コミコミバニラ (預け荷物20㎏まで無料)

・シンプルバニラ (預け荷物有料)

・わくわくバニラ (預け荷物有料)

コミコミバニラは割高ですが、荷物の心配をしなくていいことや、座席指定無料、変更可能などのメリットがあります。

一方、シンプルやわくわくは預け荷物が有料なため、機内持ち込みの規定を超過しそうな場合は、事前に申し込んでおく必要があります。(2,000円)

諸税、手数料、座席指定料で運賃に1,480円上乗せされるので、さらに預け荷物もとなると安いチケットを取っても結局は同じことに。

なんとなく迷ってしまいそうです。

しかし、空港で超過が発見された場合は所定の料金と手数料を支払うことになります。

これは2,000円で済まないことは容易に想像できます。

手数料がいくらなのか公式サイトには明記されていませんが、空港で支払いを求められたらもう払うしかありません。

【空港で発見された場合2,000円以上になることは明確】

・荷物が多くなりそう
・ディズニーでたくさん買い物をする予定

事前の申し込み(2,000円)をおすすめします。

【公式】バニラエア 機内持ち込み手荷物

まとめ

バニラエアの機内持ち込み手荷物の規定が変わるというお話でした。

2017年10月29日(日)より

  • 手荷物1個 + 身の回り品の合計2個で7㎏以内
  • サイズ:高さ55×幅40×奥行25cm以内
  • 搭乗には確認済みであることを示すタグが必要

今後、バニラエアを利用して旅行を計画される際は、帰りのお土産のことなども十分に考慮した上でチケットを購入するのが良いかと思います。