人気すぎて簡単には乗れないトイ・ストーリー・マニアに遠方組が確実に乗る方法

東京ディズニーシーで大人気の「トイ・ストーリー・マニア」行くからにはぜひ乗ってみたいアトラクションのひとつ。

初めて、または数年ぶりに東京ディズニーリゾートへ行く予定ができたら、ネットやガイドブックなどで、前もって情報を収集される方は多いと思います。

この記事はそのような方々の目に留まり、そしてほんの少しでも参考にしてもらえたら、という思いを込めて書きます。

人気すぎて簡単には乗れない『トイ・ストーリー・マニア!』に初めて、または数年ぶりにディズニーへ行く、遠方からのゲストが確実に乗るための方法です。

スポンサーリンク

混雑は想像を絶するレベル

2012年にオープンしたトイ・ストーリー・マニア。

ディズニーはいつでも混んでいるし、アトラクションが混雑するのは当たり前のように思いますが、トイマニはちょっと様子が違います。

人気すぎて、ファストパスさえ取れないこともあるアトラクションなのです。

何も知らずに、トイ・ストーリー・マニアのあるエリアへ向かうと、その光景にただただ驚くことになると思います。

↓ これは開園から40分後のファストパス発券の最後尾の様子

列がここまで伸びています。

すでに、最後尾付近は発券終了の可能性があるとのアナウンスも。

ファストパス発券機はこんなに先 ↓

スタンバイに並ぶ人、ファストパスを取る人で、開園直後からこのエリアは人で埋まります。

休日だと、スタンバイの待ち時間は一気に90分~120分前後。

ファストパスの列は、ウッディーの顔さえ見えない場所からすでに始まっており、大混雑日なら開園から30分~1時間で、発券終了となることも。

列の最後尾付近で、女の子3~4人グループのこんな会話を聞きました。

『えっ? トイマニのファストパスって、まさかここ?』

『そんなわけないよー! なに??この列』

『……いや、ここじゃない?』

『はぁ!?』

この時点で最後尾に並んでも、ファストパスはとれない可能性があり、もしも遠方からのディズニー旅行で、ディズニーシーへは1日しか行かない日程だとしたら、あとはもう2時間、日によっては3時間以上スタンバイに並ばなければ乗れません。

乗るか、乗らないかを決めておく

遠方からのディズニー旅行は、大型連休など多くの人がお休みになる時期に行くことが多いと思います。

そういう時期はパークはとても混んでいるので、乗るなら乗るでそれなりの準備が必要です。

前もって知っておいても損はない、混雑日のトイマニに乗るための方法をあげてみます。

1.お金をかける方法

せっかく行くから、金に糸目はつけないよ!という太っ腹ディズニー旅行が可能な場合

1.1 ディズニーホテルに宿泊する

  • 東京ディズニーランドホテル
  • 東京ディズニーシーホテルミラコスタ
  • ディズニーアンバサダーホテル
  • ディズニーセレブレーションホテル

4つのディズニーホテルに宿泊すると「ハッピー15エントリー」という、開園15分前に入園できる宿泊者特典がつきます。

2016年6月にオープンした「東京ディズニーセレブレーションホテル」は、他のディズニーホテルに比べ、リーズナブルな価格で宿泊できて特典は一緒。

「ハッピー15エントリー」で利用できるアトラクション

(東京ディズニーシー)

  • トイ・ストーリー・マニア
  • タワー・オブ・テラー

この特典は大きいです。

トイマニが開園直後からすでに長い待ち時間なのは、この15分前に入園したディズニーホテル宿泊者が殺到しているからなんですね。

1.2 バケーションパッケージを予約する

東京ディズニーリゾートの公式宿泊プランです。

・ファストパス・チケット(A)
全てのファストパス対象アトラクションに利用可能

・ファストパス・チケット(D)
トイ・ストーリー・マニア以外の、ファストパス対象アトラクションに利用可能

ファストパス・チケット(A)が付いているバケーションパッケージなら、滞在中必ず1回は待ち時間なくトイ・ストーリー・マニアに乗れます。

2.お金をかけない方法

交通費や宿泊費にすでにお金がかかってる!という、普通にディズニー旅行の場合。

とにかく並ぶ

  • 開園待ちをしてファストパスを取る
  • スタンバイの列に並んで乗車する

このどちらかです。

あくまで目安ですが、連休中ならスタンバイの待ち時間120分~180分以上は普通だと思っていたほうがいいかもしれません。

夜のショーが始まる頃だと、90分~120分くらいになっている場合もあります。

ただ、夜のショーを観ないという選択は、ちょっともったいないかも。

開園待ちをしてファストパスを取るなら、時期や曜日によって違いますが、混雑が予想される日で開園から30分~90分以内で発券終了となることが多いようです。

そして、その30分以内に確実にファストパスを取るには2時間以上前に開園待ちすることが必要です。

2時間以上、開園待ちが必要なワケ

8時開園の日。

6時始発のリゾートラインで東京ディズニーシーへ向かうと、リゾートラインに乗っていたたくさんの人が、到着と同時に走り出します。

なぜ走り出すのか?

すでに開園待ちをしている列があるため、そこにいち早く並ぶためです。

歩いてディズニシーのゲートまで行くと、開園待ちの列はすでにチケットブースより前に入れるか入れないかという状況 (大混雑日)

この位置はとても微妙な位置です。

チケットブースより前に入っている人達は、おそらくファストパスがとれます。

なぜこの位置が微妙かというと、「開園ダッシュした者勝ち」とも言える位置だからです。

東京ディズニーリゾート内では、開園前も開園後も、多くのキャストさんが「走らないで」という声掛けを何度もし「走らないで」と書いたボードを持って立っています。

しかし、みんなめっちゃ走ります。

いい大人も走ります。

1時間半以上の開園待ちをして、開園後に普通に歩いて行き、ファストパス発券の最後尾に到着した瞬間「ここからの列は発券終了となる可能性があります」と、言われたこともあります。

自分より後ろに並んでいた人達に走ってどんどん抜かされて、の結果です。

おそらく走っている人達は、みんな走っているから『自分達も走らなきゃ』という感覚なのだと思います。

注意されたらドヤ顔で『みんな走ってますけど?』って言うんでしょうね。

開園待ち中、旅行会社で発行されたチケットを持ったご家族が『走らないで』とアナウンスされているそばから

『入ったらまずダッシュね!ダッシュ!!』

と会話していることもあります。

せっかく来てるんだからっていう気持ちも、わからなくもないです。

『ディズニーに来た時くらいはいい』のかもしれないけど、上辺だけ繕っている人って、いざという時に本当の姿が出ると思うんですよね。

これってまさに同じこと。

普段はちゃんとしてる風でも、いざという時(ディズニーに来た時)に、本当の姿(自分さえ良ければいい)がでる。

すみません。ちょっと私、暑苦しいですね。笑

長くなりましたが、このような理由で、歩いて行ってもファストパスが確実にとれる位置で、開園待ちすることが必要なんです。

その目安が2時間以上前、チケットブースより前です。

2時間以上前にゲートに到着していれば、開園ダッシュ組にどんどん追い抜かれても、焦ることなく歩いて行ってファストパスをゲットできます!

開園2時間前に着くには

リゾートラインの始発が6時。これに乗っていては間に合いません。

交通手段が電車なら舞浜駅から歩くか、タクシーを使えるならタクシーです。

オフィシャルホテルやパートナーホテルのシャトルバスも、だいたいは8時開園の日で6時台が始発。

11022

11023

画像引用:【公式】リゾート内の交通アクセス 東京ディズニーリゾート

舞浜駅から徒歩15分ほどで行けますので、景色を楽しみつつワクワクしながら歩くのも楽しいかもしれないです。

あとは、歩いて行ける距離にある、ホテルマイステイズ舞浜に泊まるのもいいかも。

東京ディズニーシーまでは徒歩7~8分、まっすぐ歩くだけなのでラクですよ。

おわりに

大混雑が予想される日に、確実にトイ・ストーリー・マニアに乗る方法でした。

時期や曜日によって混雑状況は違いますので、あくまで目安です。

2時間以上も前から開園待ちをするのは、簡単なことではないですが、楽しみにしていたのに乗れなかったら悲しいので、この時ばかりは頑張りたいものです。

夏休みや冬休み中でも、平日なら開園の40分~1時間くらい前に並べば、余裕でファストパスが取れたりもしますし、スタンバイが90分前後の時もありますので、なんとか混雑日を避けられる日程で行くのもひとつの方法ではあります。

乗るのがこんなに大変なアトラクションて、どれだけ大人気なんでしょうか。

お金をたくさん出せば、ある程度は解決できるディズニーリゾートですが、お金をかけずに楽しむことだってもちろんできます。

乗りたい人みんながトイマニに乗れますように。

コメント

  1. 名前は秘密です より:

    アーリーよりももっと効率よく、トイマニが楽しめました。そのFPという予約券を取得するのにしても、特にトイマニの場合は、かなりの長蛇の列に並びます。ところが私はFPも取得せず、勿論のスタンバイの列にも並ばす、キャストさんに特別に秘密の専用の入り口から入れてもらえました。その理由は、決して他の方が悪用をしないようにするためからも、秘密です。お陰様で自分が待ったのはわずか「1分」。ですよ。この時他の方は既に「500分」という長い待ち時間に、耐えていました。

    • ナツ子 より:

      名前は秘密です さんへ
      コメントありがとうございます。
      秘密の専用入口、すごいですね!

  2. 名前は秘密です。 より:

    こちらこそコメントをどうも有り難うございます。北海道だとなかなか遠くて、そう簡単にはディズニーにインパ出来ませんね。私も遠方(名古屋から)なので、主様と同じでなかなかインパ出来ません。千葉県やその隣接の県民の方々が、本当に羨ましいですね。ですから最近は、ディズニーにインパをする時には、予め(半年以上も先から)バケーションパッケージプランで、しかも夢のディズニーホテルに宿泊付きと決めています。その為総合予約センターと旅行会社のダブルで、ディズニーホテルの予約をしています。それをすることによって、大人気の憧れのディズニーホテルへの宿泊が完全に確保できるため、他の方がそう簡単にはその予約ですら、取れないようにな(す)るんです。またバケーションパッケージプランには、通常なら時間指定のあるFPが、時間指定なしで付いてくるんです。あとパスポートも連泊の場合、通常なら2日目までは、あらかじめ指定したパークしか入れないのですが、バケーションパッケージプランなら、初日から2つのパークを行き来することが出来ます。これはとっても嬉しいですね。最近ではそのシーでタイ人気の「トイマニ」でも使えるFP付きプランも、TDRのウェブサイトからのお申し込みで、販売されるようになったそうですよ。ですからこの次にインパする時の参考に、お互いに是非したいものですね。あとシーに来年ぐらいに又、ユニバーサルスタジオ・ジャパンの新アトラクションである「ザ・フライングダイナソー」のように、鳥みたいになって大空を飛ぶ、フライングコースターのような新アトラクション(ソアリン)が出来るそうですね。私は未だ、どっちも体験したことがないので、是非、USJのフライングダイナソー、ディズニーのソアリン共に体験してみたいです。今からとっても楽しみですね。

    • ナツ子 より:

      名前は秘密です さんへ
      バケーションパッケージですか~うらやましいですね!
      我が家の場合は、1回の旅費をなるべく安くして年に数回行くだけで精一杯なので
      バケパは夢のまた夢ですよ~。
      いつか、名前は秘密ですさんのように、ディズニーホテル泊のバケパで行けるようになりたいです。
      それを夢にして頑張ります(^^)
      コメントいただき、ありがとうございました!

  3. 名前は秘密です。 より:

    ナツ子さん、いつもコメントを有難うございます。ナツコさんのやり方もなるほど、素敵なアイデアだなあと思いました。節約をしたい時にその方法は最適ですね。また今度機会があったら是非、私もナツ子さんのやり方も真似してみたいと思います。トイマニにいち早く乗れる以外でも、ディズニーホテルに宿泊なら、パークやホテルの予約対象のレストランに、予約を優先的に受け付けてくれたり、荷物やお土産を宿泊期間中に限り、無料で預かってくれたり、また宿泊ホテルまで無料で荷物やパーク等で買ったお土産を届けてくれたり、パスポート(スペシャルも含む)が宿泊期間中に限り、ホテル内で買えたりと、嬉しい特典が一杯です。今度インパする時の参考に是非、して下さいね。最後までお付合い頂き、有難うございました。