サンルートプラザ東京【フロンティアルーム】2016年11月の宿泊記

2016年11月のディズニー旅行。
サンルートプラザ東京のフロンティアルームに泊まりました。

ホテルでのお夜食のこと、館内施設や無料シャトルバスなど、利用した感想を書いていきます。

スポンサーリンク

サンルートプラザ東京

東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテル

部屋タイプによっては6つのオフィシャルホテルの中で、比較的安く泊まれることが多いと思います。

今回利用したお部屋は【フロンティアルーム】

じゃらんの直前割で安くなっているときに、運良く予約できたため
ひとり 7,000円(2名1室利用)でした。

ちなみに宿泊日が祝日、翌日が平日です。

7階フロンティアルーム

ホテル内の客室の位置。

ウェストサイドの7~8階がフロンティアルームです。

12014

画像引用:サンルートプラザ東京 宿泊に関するお問合せQ&A

私が宿泊したのは7階でした。

フロンティアルームのコンセプトは「冒険者たちが旅の途中に立ち寄る宿」だそう。
エレベーターを降りると気分はもう冒険者。

エレベーターホールの壁には、蒸気機関車が大きく描かれています。

12016

エレベーターの扉

12017

窓側にはこんな書棚も。

お部屋を紹介

12018

ベッドの頭上に地図があります。

120123

枕元にそれぞれコンセントがあり、机と洗面スペース合わせると室内に9箇所ありました。

コンセントの数って意外と大事です。

12019

戸棚の上にガラス瓶、下にかかっているのはカギ。さりげない冒険アイテムが。

加湿器があるのが嬉しいですね。

12010

広さは十分

120118

ハンガーは全部で6本ありました。

120110

お部屋にはこんなかわいらしい絵も。

120111

お部屋の窓から、ちょっとだけですがディズニーランドが見えます。

120112

写真だと分かりにくいんですが

ディズニーシーのプロメテウス火山と、タワー・オブ・テラーも見えました。

120113

こちらは洗面スペース。

清潔感があります。

120114

アメニティは下記の内容

  • 大人用サイズと子供用サイズの歯ブラシ
  • くし
  • 綿棒
  • シャワーキャップ
  • コットン&ヘアゴム
  • カミソリ

120115

足を伸ばしてゆったりつかれるお風呂。

アメニティの中に入浴剤はありませんでしたが、ホテル内のショップで販売していました。

120116

洗い場付きのお風呂でのんびりバスタイム。

120117

お風呂場に、物干しロープとハンガーがあります。

コインランドリーはないので、ちょっとした洗濯物に便利。

ホテルでのお夜食

パークから帰って小腹が空いていても大丈夫!

食べる手段はいろいろあります。

お夜食バイキング

ホテル1階のオールダイニング「カリフォルニア」でお夜食バイキングが食べられます。

時間は22:00~24:00までで、最終入店が23:30なのでパークでたっぷり遊んで帰っても、余裕を持って入店できます。

120119

私が宿泊した時は、レストランで使える1,000円分の利用券を1人1枚もらいました。
さらにお夜食バイキングが10%オフになっていたので、1,150円で食べられます。

うわーお得だな~と思ったんですが、そこまでお腹が空いていなかったので、残念ながら利用せず。

お夜食弁当

1階のロビーにて21:00より販売しています。

120120

内容はこんな感じ。結構なお値段してます。

実際にお弁当を見てみましたが、かなりのボリュームだったので、夜食として1人で食べるよりも、2人で分けて食べるくらいがちょうど良さそう。

唐揚げもモリモリ入ってました。

ホテルショップを利用

営業時間は8:00〜23:00までとなっていましたが、23時をすぎてもお客さんが買い物をしていたので、多少は延長してくれるみたいです。

おにぎりやカップ麺、飲み物、お菓子、日用品などある程度そろっています。

ただ、一般的なコンビニに比べると高いです。

ペットボトル飲料は210円。ホテル価格ですね。

パークへの移動

リゾートラインを利用せずにパークへ行けるオフィシャルホテルです。

オフィシャルホテルの中で唯一の直行バス

ディズニーランドとホテルを結ぶ直行バスがあります。

乗車時間は5分程度。

オフィシャルホテルの中で、パークへの直行バスがあるのはサンルートプラザ東京だけ。
バス乗り場も、ディズニーランドのエントランスから近い場所にあるのでとっても便利。

今回は2日間ともディズニーランドへ行ったので、この直行バスは大変ありがたかったです。

こちらはホテルでもらったバスの時刻表

12011

便数が多いので便利です。

クリスマス仕様のディズニーリゾートクルーザーで送迎。

12012

バスの上に、サンタクロースミッキーがいます。

12013

直行バスを利用してロッカー代を節約

帰りはホテルのクロークに荷物を預けました。

宿泊者は無料で預けることができます。

夕方、ディズニーランドから直行バスでホテルへ戻り、荷物を受け取ってホテル発のリムジンバスに乗車し羽田へ。

この方法ならロッカーを探す手間もなくなるし、ロッカー代700円もかからずに済みます。

ホテル発のリムジンバスは予約制なので、前日にホテルのベルキャプテンデスクで予約しました。ネット予約もできるので、混雑時期は事前に予約した方がいいかもしれません。

おわりに

以上、サンルートプラザ東京の宿泊記でした。

パークへの直行バスがやはり便利。ディズニーランドメインのときは、またぜひ利用したいホテルです。

今度はお夜食バイキングを食べてみたいな~。