初めての東京ディズニーリゾートを「楽しくなかった思い出」にしないための準備

何度行っても楽しくて、そして必ずまた行きたくなる東京ディズニーリゾート。私にとってはそういう場所です。

でも私のまわりには、行ったことがあるけれど「つまらなかった」と言う方もいます。

つまらないと思った理由は

「アトラクションに全然乗れなかった」
「レストランが混みすぎて入れなかった」
「どこに何があるかよくわからなかった」

など。

何の知識も準備もなく遊びに行くと、混雑ぶりに圧倒され思うように動けずに、楽しくなかった思い出として残ってしまう可能性があります。

それはあまりにも残念なこと。

初めて、または数年ぶりに行く方が、混雑しているパークで楽しむためにはほんのちょっとだけ準備が必要だと思うのです。

参考までにご覧ください。

スポンサーリンク

楽しむためのポイント3つ

初めて、または数年ぶりに東京ディズニーリゾートに行く方に、ぜひとも知ってもらいたい私が考える『楽しむためのポイント』です。

① 最初から決めすぎない

ガイドブックに載っているようなモデルコースをそのまま再現、というのはなんだかもったいない気がしてしまいます。

実際に行ってみると、自分でも知らなかった好きなものに出会える可能性があるので、モデルコースに多いような『アトラクション中心』『ショー中心』ではなく、季節のイベントも含めてパーク全体を自分なりに楽しむことをおすすめします。

予定は詰め込みすぎずほどほどに

② 欲張りすぎない

人気アトラクションは全部乗りたいし、ショーやパレードも見逃せない!

なんて意気込んでいると、悔いばかり残ってしまいそう。

混雑していてなかなか思い通りにはいかないので『これだけは』という目的は少なめにして、あとは自由に動いたほうが満足度は高くなると思います。

1日で全てのアトラクション・ショー制覇は不可能です

③ 情報ゼロで行かない

初めて行く場合は自分が何をしたいか、何が好きかわからないということもあると思います。

よくわからないから、とりあえず行ってからでいいや~。実はこれが『楽しくなかった』になる一番の原因かもしれません。

アトラクションの種類や内容、ショーやパレード、レストランなど、少しでも事前にわかっていれば、当日の動きが変わってきますのでとっても大切です。

ある程度の情報を必ずチェックしよう

公式サイトでチェックすべきこと

行く前に必ずチェックすべき、東京ディズニーリゾートの公式サイト。しかし情報量がとても多いので何を調べたらいいのかわからなくなってしまいます。

私が考えるチェックすべき点をあげてみます。

アトラクション

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーのそれぞれのアトラクションの種類や内容を見ておきます。アトラクションの動画があるので、だいたい想像できるのではないかと思います。

気になるアトラクション、ファストパスの有無をチェックしておこう

ショー・パレード

こちらも内容や、時間、回数などを見ておきます。

初めて行かれる方は「キャラクターは興味ない」という状態が多いかもしれないので、ショーやパレードはあんまり…と思うことも。

でも実際に観てみると魅了されること請け合いなので、ぜひ観てみてほしいですね。

1つでもいいのでショーやパレードの予定を入れよう

レストランや食べ歩きスナック

予約が必要なレストランもありますので、こちらはしっかり確認しておくことをおすすめします。

食べることに関しては興味ある方はきっと多いと思います。

気分で食べたいものを選ぶのも楽しいですが、時間帯によってはかなりの待ち時間が発生する場合があります。お腹が空いた状態での長い待ち時間は、想像以上にきついかも。

事前に決めておけば、スムーズに利用できるかもしれません。

食べたいものやお店の情報をチェックしておこう

ガイドブック活用法

アトラクションの情報、平均待ち時間、ファストパス発券時間、レストランの内容、ショップなど総合的な情報が掲載されているガイドブックを一冊買ってみるのもありです。

乗りたいものに乗るための情報を得る

人気アトラクションには、長い待ち時間が発生します。

せっかく行ったのに、並ぶことに何時間も費やしたくないですよね。

ガイドブックには、ファストパスの効率的な取り方、人気アトラクションに乗るための方法、効率の良いルートなど知っていて損はない情報が載っています。

モデルコースの一部を参考にすれば、限られた時間内で複数の人気アトラクションに乗ることも可能になります。

ショーやパレードの鑑賞ガイド

どこから見るのがいいのか、待ち時間が少なくても比較的見やすい場所、良い場所で見るための平均的な待ち時間など、知っているとスムーズに動ける情報が多いのがガイドブックの魅力。

これ観てみたいなと思うものがあれば、ガイドブックの情報がとても役立つことも。

『食べる』に特化したガイドブック

レストランガイド、食べ歩きガイドなど、メニューやお店の詳細を知ることができます。

見ているだけで楽しくなるガイドブック。

お店の場所が一目でわかるマップ付きや、ミニサイズのものならパーク内で持ち歩けて便利です。

事前に買えるチケットを準備する前に

事前にチケットを購入されるか、ディズニーホテルやオフィシャルホテル宿泊なら、ホテルで購入されると思います。

当日にチケットブースで購入は混雑を考えると避けたほうが無難です。

事前に買えるチケットの種類は3種類

オンラインで購入できるディズニーeチケットは3種類。

『スマホチケット』『プリントチケット』『配送チケット』です。

チケット種類 スマホチケット プリントチケット 配送チケット
購入方法 スマホのみ パソコンのみ スマホ/パソコン
発券方法 スマホ画面に表示 自宅で印刷 配送
入園方法 スマホをかざす A4用紙を持参 チケットを持参

スマホチケット

・家族やグループでまとめて購入もできる

家族やグループのパークチケットをまとめて購入した場合でも、メールやLINEでシェアをすることで、それぞれのスマートフォンに表示して入園できます。

・ファストパスもショーの抽選もスマホでOK

他のチケット同様、スマホをかざすだけでファストパスも取れるし、ショーの抽選もできます。

・取扱い券種は1デーのみ

1デーパスポート、シニアパスポート、夜間パスポートのみとなるため、2~3日滞在して2デー、3デーパスを購入する場合は利用できません。

プリントチケット

購入方法はパソコンのみ。自宅のプリンターで印刷するタイプのチケットになります。

配送チケット

配送チケットはオンラインで購入後、配送されてくるタイプのチケット。別途送料518円かかりますが、私がおすすめするのはこちら。

『配送チケット』をおすすめする理由

① 通常のチケットと同サイズなのでパーク内で販売しているパスケースにぴったり

② 厚紙でミニサイズなので記念に保管しておくのにちょうどいい

③ 裏面がかわいい

『プリントチケット』をおすすめしない理由

① パークで販売しているパスケースに入れられない

② A4サイズを8つ折りにして使用するため分厚くなる

③ 2~3日の滞在で紙がボロボロになるため、記念に保管したくなくなる

④ チケットすべてに購入代表者のひらがなフルネームが印字される

⑤ フルカラーなので全員分をカラー印刷するとそれなりのインク量に。だからといってモノクロ印刷だとなんだかとても残念な感じになる。

まとめ

  • 最初から決めすぎない
  • 1日で制覇を目指さない
  • ある程度の情報をチェック
  • ガイドブックを活用
  • 事前にチケット購入

この5つで、初めての東京ディズニーリゾートでも楽しめるのではないかと思います。

スポンサーリンク